埼玉県にある小江戸を楽しめるツアー

都心から1時間ほど、アクセスが良くなったこともあり、ここ数年人気が増した埼玉県川越は小江戸とも呼ばれ、江戸時代有力藩主のもと商人や職人の街として活気がありました。
江戸の風情が今も残るスポットが川越にありますい。蔵造りの街並みのすぐそばにある老舗の醤油、地酒の醸造所を中心として、ガラスアート、団子、せんべいなどさまざま分野の職人技が集結している場所です。
江戸時代は川越の街は職人や商人たちとしてにぎわいがあり江戸の活気をかじる事ができる場所です。老舗の醤油商店では、昔ながらの製法を守って時間を掛けて丁寧に醤油を作り続けている商店で、蔵が1830年に建造された貴重な蔵です。この醤油蔵を含めて工場見学をするツアーをする事ができます。
原料から製品として醤油ができあがりを職人が案内してくれ、安価な大量生産とは違った時間と手間を掛けて丁寧に作られる醤油を見る事ができ、子供だけでなく大人も楽しめるツアーに参加する事ができます。