嬢視点から見る埼玉川越デリヘルのリアル〜不美人は面接に落ちる!?

風俗店は、すべての女の子をふるいに掛けず受け入れるお店ではありません。もちろん、面接なんてあってないようなもの、というエリアもあるでしょう。しかし、川越のような都市は違います。それなりに若くて、可愛い女の子しか面接に受からないというリアルもあるようです。業界2年の現役デリヘル嬢に、川越デリヘルの現実を聞いてみました。

 

「川越は、働く女の子たちにとっても、激戦区です。面接は厳しいし、結構落ちます。私も10代後半の頃はお店を選べるだけの余裕はありましたが、今、もう21になって、なかなか難しくなってきました。お客を取るのも難しいし、いっちょビデオしかないかな、という雰囲気もしています」

 

――若い子しか生き残れないということですか?

 

「少なくとも、デリヘルではそうですね。人気商売なので、どうしても寿命は短いです。男の人が、もし若い女の子と遊びたいと思うならデリヘルがいいと思います。私のお店に限った話ですが、30代はいません。ピンサロなんかに行けば40代50代もいますが(笑)」

 

…とのこと。川越くらいの都市のお店になると、身体を売る覚悟をした女の子も、そのすべてを好意的に雇えるというわけではないようです。デリヘル店に在籍している子は、その時点で若さとある程度の容姿があるという意味なので、迷わず利用したいものですね。


川越デリヘルスタイル

埼玉風俗の川越デリヘル情報サイトです。川越風俗デリヘル情報をお届けします。
www.sai-deli.jp/


川越の名産品

川越といえば名産品が芋加工品やウナギに総評されてしまいがちですが、戦前〜戦後直後まで数多くの名産品がありました。今ではすたれてしまいましたが、甲州丸・禅寺丸と呼ばれる柿が生産されていました。また、醤油造りが行われていたことも分かっています。川越では今でも醤油醸造所がありますが、かつてはお城へ醤油を納めていたお店もあったそうです。桐ダンスの産地としても有名です。現在でも川越にはタンス職人が多く、日本箪笥の名産地として知られていました。以前は桐といえば川越と呼ばれるほど桐の木があったのですが、街が栄えるとともに桐の木は減少の一途をたどっています。埼玉といえば「狭山茶」が所定と言われていますが、

 

川越にも「河越茶」と呼ばれるお茶があることをご存知でしたでしょうか。実はこの河越茶は狭山茶の走りと言われ、歴史は狭山茶よりも古いとされている銘茶です。時代のほどは鎌倉時代後半から室町時代にかけて河越茶の茶葉栽培がおこなわれ始めたとされています。室町時代には日本銘茶五場の一つといて河越が挙げられていたんですよ。現在主流となっている狭山茶は、河越茶の伝統をベースに改良を取り入れて江戸時代後期に登場しました川越にはこのような知られざる名産品もあったことには驚きですね。

 

また隠れた名産品として七味唐辛子が前面にたっぷり付いたおせんべいが川越市内の老舗せんべい店で販売されています。TV等で取り上げることができない単語が商品名に含まれているので、あまり大金ブームには至らないのだそうです。


喘息の予防

喘息に関する様々なお役立ち情報をご案内しています。
www.zennsoku.info/


口コミ情報も参考になる川越の風俗遊び

川越の風俗店を利用する場合、実際に利用したことのある男性の口コミ情報は多いに参考になります。
口コミ情報は風俗情報サイトなどで確認することが出来、いい評価、悪い評価の両方が掲載されている点も信頼性が高い理由といえます。
いい情報ばかり載っていると「ほんとにこんなに高い評価なのか?」と逆に疑いたくなりますが、悪い評価の場合も掲載されているということで、嘘は書かれていないと思えるのです。
悪い評価の代表例としては、「店長おすすめの女の子だったのに満足しなかった」というものがあります。
初めて遊ぶ店で自分がどういった女の子と遊びたいかを特に伝えず、店任せで風俗嬢を決めたことに対する後悔も口コミ情報に書かれていたりしますが、これについては一概に文句も言えないものです。
お客である男性には不満でも、店長にとっては好みの風俗嬢であったかもしれないのです。
この場合、「店長おすすめ」ということは嘘でないことになります。
男と女には相性もありますので、他人にすすめられた女の子が自分にも絶対合うとは決めつけない方がいいです。
従って口コミは参考にしながらも、最終的には自分で遊ぶ女の子を決めることが望ましいです。


埼玉風俗デリヘルスタイル

埼玉風俗の埼玉デリヘル情報サイトです。埼玉風俗デリヘル情報をお届けします。
www.sai-deli.jp/


口コミ情報も参考になる川越や大宮の風俗

川越、大宮など、埼玉には多くの風俗店があり、ポピュラーな形態であるデリヘル店も高い人気を誇っています。
デリヘルを一度も利用したことがない場合、どういったプレイの流れになるかが分からない男性も多いです。
流れなどはあまりホームページにも載っていません。
しかしプレイの流れは簡単です。
オーソドックスなパターンとしては、60分で予約した場合、女性が男性指定のラブホテルなどに到着してから5分から10分は初対面の挨拶や軽い会話をします。
その後、バスルームでシャワーを浴び、その後にプレイに突入します。
初のデリヘル利用の場合は、ここからは風俗嬢にお任せしていれば大丈夫です。
ベッドで仰向けに寝ていれば女性がサービスを開始してくれます。
ディープキスから始まり、全身リップ、手コキ、フェラチオなど基本オプションのプレイを順にこなして男性を気持ちよくさせてくれます。
時間配分も彼女たちはプロで心得ていますので、プレイ後のシャワーの時間を見越し、予約してもらった制限時間の10分前くらいまでにフィニッシュに持っていくようにサービスを展開してくれます。
また、時間内に何度でも発射OKの店もありますので、お客としては無理にフィニッシュを我慢するなどの必要もありません。


埼玉デリヘルスタイル

埼玉風俗の埼玉デリヘル情報サイトです。埼玉風俗デリヘル情報をお届けします。
www.sai-deli.jp/


川越のショッピングゾーン

川越といえば「小江戸川越」とも言われているように、蔵づくりの街並みといった歴史的な建物がたくさんある街という印象を持っている方も多いでしょう。しかし川越は埼玉県内でも有数の商業都市という一面もあります。川越駅周辺は普段から大変なにぎわいで、平日休日問わず人の往来が絶えません。有名デパートや大型ショッピングモール、高級スーパーやたくさんの書店などが立ち並び、多くの川越市民がショッピングなどを楽しんでいます。またアパレルショップやファーストフードのお店も数多く点在し、常にたくさんの若者でにぎわっています。有名ラーメン店などもあり、時間帯によってはラーメン好きが並んで順番を待つ姿も見られます。

 

このように川越駅の周辺は、生活に欠かせないお店が多数そろうショッピングゾーンとなっています。埼玉県内だけでなく、首都圏でも有数の商業都市であるといってもいいでしょう。大型ショッピングモールだけでなく、大手都市銀行や新聞社の支局なども多くあり、ビジネス街の一面も持ち合わせています。また、コインパーキングなども整備されているので、車でも行けるところが川越のショッピングゾーンのいいところではないでしょうか。

 

古い街並みだけでなく、こうした若者向けの商店街も魅力的な川越。古い街並みを散策して歴史を学び、その帰りにおしゃれな食事やショッピング楽しめる、新旧が融合された数少ない街といえるでしょう。さまざまな楽しみ方ができる川越のこれからがとても楽しみです。